Warning: include_once(/home/triple-g/www/kari-rel/kari-rel/blog/wp-load.php) [function.include-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/triple-g/www/kari-rel/temp/com_require.php on line 50

Warning: include_once() [function.include]: Failed opening '/home/triple-g/www/kari-rel/kari-rel/blog/wp-load.php' for inclusion (include_path='.:/home/triple-g/pear/php') in /home/triple-g/www/kari-rel/temp/com_require.php on line 50
利用規約 | キャッシングのカリレル!

利用規約

カリレル!の利用規約

キャッシング情報サイト「カリレル!」サイト利用規約(以下「本規約」といいます)は、「カリレル!」(以下、「本サイト」といいます)にて提供するサービス(以下「本サービス」といいます)をご利用いただくための規約です。

第1条(サービスのご利用に際して)

利用者は本規約を遵守の上、本サービスをご利用ください。利用者が本サービスをご利用された場合、本規約の内容を承諾いただいたものとします。

第2条(本サービスの範囲)

  1. 本サービスは、複数のサービスの提携により、本サービス上で投稿された内容は、他サービス、ニュースサイト、その他テレビ、雑誌、ラジオ、映画などの媒体に公開されます。
  2. 本サービスへ投稿する会員の皆様は、複数媒体に公開されることを容認したものとします。

第3条(会員情報について)

本サービスの利用者で、登録が必要なサービスを利用する場合は、以下の条件をお守りください。

  1. 本サービスに登録をする場合には、本サービスが提供する会員情報登録画面より、本サービスの指定する書式においてインターネット回線を通じて送信するものとします。
  2. 本サービスは情報が問題なく送信された場合に、本サービス会員として承諾したものとします。
  3. 利用者は、お客様自身の情報として真実かつ正確な情報を入力するものとします。また、真実かつ正確でないと本サービスが判断したアカウントに関しては、会員の許諾なしに本サービスの判断で削除することができるものとします。
  4. 本サービスを通じて登録された会員情報については公開・非公開にかかわらず本サービスが保有、管理するものとします。
  5. 会員が入力した情報について、会員情報下で送信されたデータの公開については会員が一切の責任を負うものとします。
  6. 会員の情報の使用および管理に関しては、会員が自ら責任を持つものとします。
  7. 会員自身が行ったかどうかを問わず、自身の会員情報下で行われる一切の行為および結果に関して、会員は自らその責任を負うものとします。

第4条(会員資格について)

本サービスで以下の事由が判明した場合、会員資格を取り消すことがあります。

  1. 不適切な情報を掲載している場合
  2. パスワードの不正利用があった場合
  3. 会員情報の虚偽がある場合
  4. 本規約に反する行為があった場合
  5. その他、本サービスが不利益だと判断するに相当する事由があった場合

第5条(会員のパスワードについて)

  1. 本サービスでログイン時に利用するパスワードに関しては、会員が自身の責任下において管理するものとします。
  2. 本サービス外でパスワードが第三者へ漏洩などするなどの理由で、パスワードが不正利用されたとしても本サービスは一切責任を負わないものとします。
  3. 会員は会員登録時に利用したメールアドレス、およびパスワードを第三者に譲渡、または使用させることはできません。
  4. 会員が本項目に反して弊社および本サービスに損害を与えた場合、会員がすべての責任を負うものとします。

第6条(退会)

  1. 退会は本サービスが定める所定の場所から申請をし、本サービスへデータが送信された時点で退会申請を受け付けたものとします。
  2. また、会員が、本サービスを退会した際に、投稿データを含む本サービスにおける会員の権利は一切失うものとします。

第7条(免責)

  1. 利用者が本サービスから得た情報(本サービスに記載されている情報、紹介されてる書籍などの外部の情報、リンク先の情報を含む)による一切の行為またはその結果については、本サービスは一切の責任を負わないものとします。
  2. 本サービスは、本サービス内での投稿情報について、管理義務、削除義務は負わないものとします。
  3. 本サービスは、本サービスが提供する情報について、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  4. 利用者は自らの責任に基づき本サービスを利用するものとし、本サービスを通じての行為に対しての紛争、損害賠償の請求などに関しては自らの費用と責任で対応するものとします。
  5. 本サービスが保存するデータに関しては、保存内容に関して一切の保証を行わないものとします。また、本サービスで保存されるデータの消失やサーバ稼働停止に対する紛争、損害賠償に関しては一切を免責されるものとします。

第8条(本サービスの一時的な中断)

本サービスは利用者に事前の告知なく、以下の理由にて本サービスの提供を中断することがあります。また本サービスの停止による利用者の不利益・損害に関して、一切の責任を負わないものとします。

  1. 本サービスのシステムの保守、点検、修理をする時
  2. 本サービスの稼働のための設備の保守、点検をする時
  3. 火災、停電などによるシステム機器のトラブルがあった時
  4. 天変地異、戦争、動乱、労働争議などによるサービスの提供ができなくなったとき
  5. その他、運用上、技術上、本サービスの提供の中断を行う必要があると判断した場合

第9条(投稿内容の利用権・著作権について)

  1. 利用者が本サービスに投稿した情報に関する著作権は、原則、投稿した利用者に帰属するものとします。
  2. 利用者は、利用者が本サービスを利用し投稿した情報に関して、本サービスに対し、無償で非独占的に、複製、使用、編集、改編、掲載、転載、公衆送信、上映、展示、提供、販売、譲渡、貸与、翻訳、翻案などができる権利および二次的著作物に関する現著作権者の権利(著作権法21条ないし28条の権利をいい、商用利用を含む)を許諾したものとします。
  3. 利用者は、本サービスが利用者から許諾された権利に関して、本サービスの範囲内に限り、他利用者へ1号に記載の現著作者の権利の許諾をすることを許諾するものとします。
  4. 利用者は、本サービス、および利用者に対して、サイトの質向上・宣伝・利用促進のため、他利用者による投稿内容の編集、メタデータなどへの配信、本サービス内での掲載、弊社が提携しているサイトへの掲載、などを許可するものとします。
  5. 本サービスは、投稿内容について、自由に審査、掲載可否の判断、投稿の編集、削除、をすることができるものとします。

第10条(禁止行為)

利用者が本サービスを利用するにあたって、各号の行為を禁止します。

  1. 本規約に違反する行為
  2. 犯罪的行為に結びつく、または結びつくことを暗示する行為
  3. 犯罪行為を推奨・助長する行為
  4. 他の利用者、また第三者の個人を特定できる情報を公開する行為
  5. 他の利用者、また第三者に不利益を与える行為
  6. わいせつ、児童ポルノ、児童虐待に類すると弊社が判断される内容を掲載する行為
  7. 他者になりすまし、本サービスを利用する行為
  8. 法令に反する行為
  9. 不正な行為による本サービスのインフラへの攻撃行為
  10. 故意に本サービスのシステムへ負荷をかける行為
  11. 本サービスが承認した以外の方法で、金銭的な利害が生じる行為
  12. 本サービスとは関係ない団体やサービス、活動にたいしての勧誘行為
  13. 第三者の知的所有権を侵害する行為(ただし、本規約内で許諾済みのものをのぞきます)
  14. 他の利用者、または第三者へ対する誹謗中傷行為
  15. 一人の利用者が、不正目的で重複した会員アカウントを所有する行為
  16. 第三者に対して弊社に無断で広告、宣伝、勧誘などを行う行為
  17. 本サービスの運営を妨げる行為
  18. 本サービスまたは利用者、第三者の著作権、商標権などの知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
  19. その他、本サービスが不適当と判断する行為

第11条(通知・連絡)

  1. 利用者は、本サービスに連絡をする場合、指定のフォームおよび電子メールにての連絡を行うものとします。本サービス掲載上の連絡先以外から通知に関してはお受けしかねます。
  2. 本サービスからの利用者に対する連絡は、本サービス上での掲示、または利用者への電子メールなどにより行うものとします。ただし、利用者から正確な連絡先の提供がなされていない場合の不利益に関しては、本サービスは一切責任を負いません。

第12条(準拠法と裁判管轄)

本規約は、日本法を準拠とし、解釈されるものとします。また本サービスと利用者の間の訴訟が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

制定日:2014年2月23日