Warning: include_once(/home/triple-g/www/kari-rel/kari-rel/blog/wp-load.php) [function.include-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/triple-g/www/kari-rel/temp/com_require.php on line 50

Warning: include_once() [function.include]: Failed opening '/home/triple-g/www/kari-rel/kari-rel/blog/wp-load.php' for inclusion (include_path='.:/home/triple-g/pear/php') in /home/triple-g/www/kari-rel/temp/com_require.php on line 50
バンクイックの攻略情報 | キャッシングのカリレル!

バンクイック

基本情報

金利 4.6%~14.6%
限度額 500万円
審査 難しめ
総量規制 対象外

攻略情報

特徴

銀行系カードローンの中でも、最もキャッシングに力を入れているのが三菱東京UFJ銀行のバンクイックだろう。炊いての銀行カードローンが、「三井住友銀行カードローン」だとか「みずほ銀行カードローン」だとか、銀行名にカードローンを付けただけの商品名にしてるのに対して、UFJは「バンクイック」とちゃんと名前をつけてるとこからも伺える。

他の銀行系が100万円以上の借入を想定しているのに対して、バンクイックや楽天は10万円以下の少額でも利用しやすい。審査も他のメガバンクのカードローンよりも通りやすい模様。その代わり、最大金利は三井住友やみずほよりも少々高くなっている。

100万円以下の借入なら、最初に借りるべきカードローンNO1と言っていいだろう。

いいところ

50万円以下の借入で、金利が14.6%。消費者金融系の18%に比べるとさすが銀行系、破格の金利である。他の銀行カードローンと比べると、三井住友銀行が14.5%、みずほ銀行が14.0%、楽天銀行が14.5%と、若干負けてるように見えるが、これに惑わされたら負けだ。三井住友やみずほは50万円以下の借り入れだと、いくらであろうと、毎月1万円が最低返済額に設定されているのだ。正直、10万円くらいの借入額で、毎月1万円返済は相当きつい。

一方、バンクイックなら10万円以下の借り入れなら、毎月の最低返済額はたったの2000円である。

なら、50万円位上の借り入れなら他のメガバンクの方がいいかというと、そうでもない。三井住友銀行とみずほ銀行は、100万円以上の限度額から金利が下がり始めるが、バンクイックは50万円以上で12.6%。つまり、50万円~100万円ではもっとも金利が低い。

ということで、100万円以下の借り入れであれば、バンクイックが最強なのだ。

よくないところ

正直、よくないところは見つからないといっても過言ではない。もちろん、銀行カードローンなだけあって、消費者金融系に比べれば審査が難しめではあるが、ちゃんと定期収入がある人なら、よっぽど多重債務者じゃない限りそんなに難しいわけではない。

強いて挙げるならば、他の銀行カードローンも同様だが、返済が遅れた際に待ってくれる期間が短い点くらいだろう。

向いている人

ちゃんと定期収入がある人なら、少額借りたい人も、50万円くらい借りたい人も、100万円以上借りたい人も、すべての人に向いている万能最強カードローンである。審査スピードも消費者金融並みに早いし、テレビ窓口での申し込みなら、即日発行も可能だ。

正直、他のカードローンはバンクイックに落ちた際に初めて申し込む滑り止めのような存在と言っても過言ではないだろう。

審査の難易度

ちゃんと会社勤めであれば、かなり審査には通りやすい。そもそも希望額が100万円以下なら、収入証明書もいらないので、収入の額など関係ない。他に借り入れがなければ、正社員なだけで審査は通るはずである。

ただし、他社からも借り入れをしていて、1回でも返済が遅れたことがあったり、短期間で何社か申し込みをしているようなケースだと、審査通過率は極端に低くなるので気をつけよう。バンクイックに申し込むときは、よっぽど急ぎでない限り、できるだけバンクイック1本に絞って申し込むのが得策だ。

月々の返済額

銀行カードローンで、50万円以下の借り入れでも、毎月の最低返済額が低く設定されているのは、バンクイックと楽天銀行カードローンだけである。そして、楽天銀行よりもバンクイックのほうが、1000~2000円ほど安く、やはりバンクイック先輩かっこいいっす、という結果になっている。

10万円以下でみると、消費者金融で最も低い返済額のプロミスですら3610円なのに、バンクイックはたったの2000円。しかも金利は圧倒的に低いと、凄まじい力の差にびっくりである。バンクイック先輩、まじパネェっす。

返済が遅れた時の対応

銀行カードローンの中では、多少待ってくれる。楽天銀行には劣るが、全然待ってくれないわけではない。だたし、せいぜい数日だ。それを過ぎると、債権がバンクイックの審査会社でもあるアコムに渡り、カードは止められひたすら返すだけの日々を送ることになるだろう。

一時的でも返済できる金額を持っているならば、「1万円返済して5000円また借りる」という技も使えるので、返済できないくらいなら、他社から借りてでも返済しておいた方がいい。返済専用のカードになるよりはよっぽどマシである。

スペック・仕様

実質年利 4.6%~14.6%
借入限度額 500万円
審査時間 最短30分
※審査回答時間:9:00~21:30(土・日・祝日は~17:00)まで
融資スピード 最短即日
※テレビ窓口の場合
利用条件 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人で、原則安定した収入がある方
必要書類 本人確認書類(運転免許証・各種健康保険証・パスポート等)
収入証明書 100万円超の利用限度額をご希望の場合は、収入証明書として以下のいずれか1点
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
・確定申告書第1表・第2表
担保 不要
借入方法 三菱東京UFJ銀行ATM、提携ATM(セブン銀行、ローソン、E-net)で借り入れ
※毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00は利用不可
返済方法 「自動支払いによるご返済」か「ATMによるご返済」
返済額
借入限度額毎月の返済額
~10万円 2000円
10~20万円 4000円
20~30万円 6000円
30~40万円 8000円
40~50万円 10000円
50~60万円 12000円
60~70万円 14000円
70~80万円 16000円
80~90万円 18000円
90~100万円 20000円
返済日 「35日ごとのご返済」か「毎月指定日返済」
遅延損害金 -
商号 株式会社三菱東京UFJ銀行
本社所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
登録番号 関東財務局長(登金)第5号