キャッシング・消費者金融のホンネや体験談を語るブログ「カリレル部」。カードローンの選び方や、危険な消費者金融、語られないキャッシングの真実を紹介します。

銀行カードローンの雄!三菱東京UFJ銀行のバンクイックが最強な理由

Pocket

先日とうとう、債務整理して毎月返済していた元金がなくなりました!こんばんは、ローン桜井です。

さて、カードローンに手を出したいけど結局のところ最強のカードローンってどこなのっていう諸兄に、ズバリこれだという回答を出すならば、きっとバンクイックと答えるでしょう。そんなバンクイック、どこが魅力なのかを根掘り葉掘り解説してしまおうと思います。

さあ、しっかりとついてくるんですぞ!

そもそも銀行カードローンが最強

このサイトの読者であれば痛いほどわかっているでしょうけど、まず何よりも銀行カードローンであることがバンクイックの最大の良さです。はっきり言って、銀行カードローンであればいいカードローンで、銀行じゃないカードローンは悪いカードローンと言っても過言ではないです。まじで。

キャッシングという世界において、銀行かどうかは、就活における大卒かどうかくらい大きなアドバンテージになってきます。いや、ほんとに。ということで、最強カードローンを決めるにあたって、銀行カードローン以外は考慮する必要ないです。

さて、ちなみに、銀行カードローンがなんなのかがわからない人に向けて一言で説明すると、銀行が直接発行しているカードローンのことです。以上。わかりやすいね!これ、三菱東京UFJ銀行グループのアコムとか、グループが発行しているものは含まないのがミソ。あくまで銀行が直々に発行しているやつですね。

金利14.6%と毎月の返済額2000円という凄さ

さあさあ、それではバンクイックのスペックを見ていきますよ。まずは銀行カードローン最大の利点である金利。はい、14.6%です。通常のカードローンがだいたい18%なので、その金利の低さが目立ちます。さすが銀行カードローン。

ちなみにこのサイトの読者であれば口を酸っぱくして何度も言われていると思いますが、金利は上限値だけ見ればOKです。バンクイックは1.8%~14.6%なんですが、1.8%になるのは相当な金持ちじゃないと無理なので、基本的に14.6%だと考えてください。

続いて、意外と見逃しがちな月々の返済額。お金がないから借りたのに、返済額が大きかったら意味ないやーんという罠に陥りがちなポイントではあるが、バンクイックは最小で2000円からと、かなり優しい額が設定されています。

正確には10万円以下の借入の場合、毎月2000円。10万円を超えると4000円、20万円超えで6000円と、2000円ずつ増えていく設定です。いや、本当に優しすぎるでしょバンクイックさん。

こんな感じでさすが銀行カードローンの走りなだけあるといったスペックです。

他の銀行カードローンよりも優れている点とは

さて、バンクイックのスペックの良さ、というか銀行カードローンのスペックの良さは十分に伝わったと思いますが、じゃあ、銀行カードローンの中でのバンクイックってどうなの、という話になりますね。ここは他の三大メガバンクの三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンとくらべてみたいと思います。

単純に金利で比較すると、バンクイックが14.6%に対して、三井住友銀行が14.5%、みずほ銀行が14.0%と、金利では一番劣っています。特にみずほ銀行の金利は低いですね。これだけ見ると、みずほ銀行の方がいいじゃんと思われるかもしれませんが、ここが落とし穴。

いちばん重要なポイントは月々の返済額です。かりに10万円の借り入れをしたとして、バンクイックと三井住友が2000円の返済に対して、みずほはなんと1万円!これはなかなかキツイ金額なんじゃないでしょうか。

もちろん、ささっと返済してしまえるのであれば、みずほ銀行の方がいいでしょう。しかし、そうでない場合、30万円以下の少額の借り入れの場合は、バンクイックや三井住友銀行の方が返済が楽なんです。ちなみに、50万以上の借り入れになると、どっちも返済額は変わらなくなるので、あくまで少額の借入の場合だけです。

ということで、バンクイックと三井住友銀行カードローンがスペック的には同じくらいで使いやすいキャッシングということになるんですが、私が三井住友よりもUFJのバンクイックをおすすめする理由は、やはりキャッシングの使いやすさです。

バンクイックは他社に先駆けてキャッシング業界に足を踏み入れただけあって、意外と融通がききます。銀行カードローンの最大の欠点は、その融通の効かなさですが、バンクイックは消費者金融とまではいかなくても、それに近いだけの使い勝手の良さがあります。多少の返済遅れに対応してくれたり、審査のスピードや厳しさに関しても、他の銀行カードローンと比べて分がある印象。

とはいえ、自分が普段使っている銀行が三井住友銀行であれば、無理してバンクイックにするほどではないです。そこまで決定的な差はないので、自分の利用している銀行なども考慮して、最終的には決定すればいいのではないでしょうか。

総評

まとめると、バンクイックは金利が低くて、月々の返済額も少ないので、非常に使いやすいカードローン。はじめてのキャッシングだろうが、2社目以降のキャッシングだろうが、まず第一候補として考えるだけのカードローンだといえるでしょう。

迷ったら、バンクイック、もしくは三井住友銀行カードローンを作れ。これが私、ローン桜井からの提言です。