キャッシング・消費者金融のホンネや体験談を語るブログ「カリレル部」。カードローンの選び方や、危険な消費者金融、語られないキャッシングの真実を紹介します。

返済が間に合わない!そんな時はどうすればいい!?

Pocket

さあ、全国の皆さん、今月も嬉しい楽しい給料日がやって来ましたよ。給料が入って私がまずやることは、債務整理したキャッシングの振込返済です。こんばんは、カリレル部部長のローン桜井です。

さて、債務整理してからは、返済が遅れることはすなわち死を意味するので、一回も遅れたことはないですが、債務整理する前はどうしても現金がなくて返済が遅れてしまうという経験も、一度や二度ではありませんでした。

当然、遅れることなくちゃんと返済することが基本なのですが、突然の出費などでどうしてもお金が足らない時もあるかもしれません。そんなとき、どのように対処したらいいのか!21世紀の借金王子であるこのローン桜井が教えてしんぜましょう。

返済日に何もしなかったら、催促の鬼電がかかってくる

まあ、だいたいの人は、返済日にお金が用意できなかったら、返済のことを頭から消去して特に何もアクションをせず日常を過ごすことでしょう。

そうすると、翌日から1週間後くらいの間に催促の電話が来ます。来るタイミングはローン会社によってまちまちですが、消費者金融系は早い傾向がある気がします。

この催促の電話、決して無視してはいけません。なぜなら、無視しても無視しも、何度もかかってくるからです。恐ろしいです、電話が鳴るたびに「ビクゥッッ」ってなるので、何度も「ビクゥッッ」ってなる羽目になります。町中でそれをやると、ちょっと性的興奮を覚えているんじゃないかと勘違いされる恐れもあります。

ということで、催促の電話にはさっさと出て、この消耗戦を終わらせましょう。

催促の電話ではとにかくいつ返済できるかを問い詰められる

さて、電話にでると、まずは「返済が確認できませんでした」と言われます。そりゃ返済してないんだから確認もできないだろうよと思いますが、決して口に出してはいけません。いや、別に出してもいいけど。

そんでもって、いつ返済するかを聞いてきます。返済できるめどがあれば、正直に答えましょう。

しかし、この返済めど、1週間後くらいならそのまますんなり納得してくれますが、2週間以上先のめどを告げると「無理だ」と突っぱねてきます。ここでへこたれてはいけません。この戦いはここからが本番です。

とにかく、どう頑張っても無理だと伝え続けましょう。もちろん、もっと早まるための努力もする雰囲気も一緒に伝えます。場合によっては、「返済できないなら、契約違反で一括で全額返済してもらうことになります」みたいな脅しをしてくることもあります。しかし、この言葉にびびってはいけません。というか、びびって支払えるようなら、はじめから支払ってください。

まず一括返済をさせてくることはありません。そりゃ、分割で支払えないんだから一括で支払えるわけがないのは、向こうも重々承知。とりあえずビビらせておいて、本当に返済できないのかどうかを試しているだけです。本当に支払えないのであれば、ビビることなく一括でもお金がなくて払えませんとキッパリ伝えましょう。そして、「できるだけ努力するので、来週の○日にまた状況を連絡します」と言います。これで終了です。

え、それだけで終了なの?と思われる方もいるかもしれませんが、本当にそんなもんです。私、何度も経験しましたもんw

カードローン会社にしてみれば、一番怖いのは踏み倒されることです。それだけはなんとしてでも阻止しようとします。なので、定期的に連絡が取れている状態にしておけば、とりあえず納得してくれるんです。だから、1週間後にまた連絡するという約束をします。そして、1週間後に必ず連絡を入れるようにしてください。実際に返済できるお金を用意できなくてもです。返済できないのに連絡を入れるのはとても億劫だと思いますが、ここで連絡をしないと、あとで余計面倒な対応をする羽目になります。後で後悔したくなかったら、必ず連絡するように。

きちんと連絡していれば、毎月の返済額を下げてくれることも

上記のような連絡を、2度3度と続けると、「いくらなら払えますか?」と聞いてくることがあります。というか、だいたい聞いてくる。すると、毎月の最低返済額を下げてくれることがあります。特に消費者金融系のカードローンだとすんなりと応じやすい傾向にあります。

さて、どれくらい下げてくれるかというと、MAXで利子の分まで下げれる。月々の返済額が15000円くらいだったら、半分くらいですかね。そんだけ下がると返済が相当楽になります。しかし、これはあくまで苦肉の策だということを忘れないでください。なぜなら、利子の分だけ返済するということは、元金はまったく減らないということを意味するからです。つまり、返済してるんじゃなくて、ただ利子を払い続けているだけという状態です。

ぶっちゃけ、カードローン会社からすると、利子だけ払い続けてくれれば、それで儲けが出るのです。元金減らないから、一生利子の分だけ儲かっていけるので、悪い話じゃないんです。こちらとしては、どうしても切羽詰まって一時的にやる分にはいいですけど、利子だけ返済ばかりになると、普通に詰むので気をつけてください。

返済の交渉ができるのはあくまで銀行系以外

と、返済が遅れた際の交渉術を綴ってきましたが、注意して欲しいのは、この交渉ができるのはあくまで消費者金融系と信販系のカードローンだけだという点。

銀行カードローンの場合は、有無をいわさずカード止められます。もう返済しても借りることができないカードになるんです。そして、債権を他の取り立て業者に移行しちゃいます。UFJのバンクイックならアコムですね。んでアコムからガンガン電話がかかってくるようになる。

このカードを止められるというのがミソで、消費者金融系とかだと返済した分だけ枠がまたあくので、きつい時には返済額を実質コントロールできるんですが、それができなくなります。銀行カードローンは金利が安いですが、こういうところで融通が利かないので、そこだけは念頭に置いておきましょう!

コメント

  1. 名前:Bernardo  2018年2月16日 12:11

    In a meeting cialis levitra airmail During the German invasion in September 1939, the city of 321,000 largely escaped the worst ravages. However, it became Krakau again, and headquarters of the German administration headed by the notorious Nazi lawyer, Dr Hans Michael Frank. He started to clear the traditional Jewish quarter of Kazimierz and set up a Jewish ghetto in Podgorze, a suburb of Krakow.