銀行系のカードローン一覧

銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンとは、その名の通り、銀行が直接発行しているカードローンのことである。なお、銀行の関連会社が発行しているカードローンは、ここには含まないので注意。プロミスとかモビットとかのことね。

とにかく、もっとも金利が低く、毎月の返済額が少ない、最高のカードローンだ。みんなできればここを目指すべき。

審査が難しいと言われるが、実は言われているほど難しくはない。ちゃんと安定した収入がある人で、収入に応じた借入額であれば、意外とすんなりと通ることが多い。イメージって怖いね!

金利はレイクを除くと、おおむね14%台と非常に低くなっている。しかもこれ、50万円以下の限度額の場合。50万円を超えると、金利はどんどん低くなっていく。なので、収入がある人は、できるだけ限度額は大きめ設定しておいたほうが得である。

レイクだけは、元々、消費者金融系に属していただけあってちょっと特殊で、スペックはまんま消費者金融系なので注意。

銀行系カードローンは、総量規制という年収の1/3を超えて借り入れできないという規制の対象外なので、いっぱい借りれる。しかも、100万円以下の希望額の場合は収入証明書がいらないので、実は収入が低い人でも、定職にさえついてれば借りれてしまうのだ。すさまじいね、銀行系カードローン。

ちなみに、返済が遅れた際は容赦がない。数日の遅れくらいなら容赦してくれるが、それ以上は問答無用でカード停止させられ、返済しかできなくなる。返済に自信がない人は借りるべきではないぞ、当たり前だけど。